法人向けリモートアクセスサービス

スマートフォン、タブレット、PCからメール、スケジュール、グループウエア、ファイルサーバ、アドレス帳をデータを端末に残さずセキュアに利用

ますます加速するワークスタイルのモバイル化に伴い、スマートデバイス(iPhone、iPad、Android端末、Windowsタブレット)の業務利用が急増しており、その管理の重要性は増しています。また、BYOD(Bring Your Own Device:私物端末の業務利用)も注目を集めています。

特にBYODにおいては、端末の紛失、盗難、ウイルス感染などのリスクはより高く、その端末の多様性から「端末を管理する」という運用では限界があります。

そこで、NRIからのご提案です。

CACHATTOとは?

CACHATTOは、携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、PCから社内のメール、スケジュール、グループウェア、ファイルサーバー、アドレス帳をセキュアな環境下で利用できる法人向けリモートアクセスサービスです。

「導入が容易で、最高レベルのセキュリティ」というコンセプトが、セキュリティに厳格な企業に高く評価されいます。BYODを実現する高セキュリティなリモートアクセス・インフラとして800社の法人、32万人ユーザへの導入実績があり、日本国内において4年連続でトップシェアを誇ります 。

CACHATTOは、オンプレミス設置またはクラウドホスティングで利用できます。また、オプションとして、お客様専用サーバをアマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services: AWS)クラウド上に構築し、ホスティング提供も可能です。既存オンプレミスサーバとの連携も行えます。

端末に閲覧情報は残らないため、盗難、紛失時も安心。社内システムに直接アクセスしないため、端末のセキュリティリスクが社内に及びません。

専用ブラウザ(CACHATTO SecureBrowser)はアプリマーケット(App Store)もしくは専用WEBサイトからダウンロードでき、利用者による設定もセルフキッティングが簡単に可能です。

端末にリモートワイプ、アプリ監視ツールなど管理ツールを入れる必要もなく、様々な端末で利用可能です。

CACHATTOでクラウド利用もより強固に

CACHATTOはOffice 365などのクラウド型グループウェアと連携できます。

・端末に閲覧情報は残らない、持ち出せない
・企業内の認証基盤と連携
・クラウドサービスが提供するUIを利用
    ※Office 365の場合はADFSのご利用を推奨いたします
・汎用ブラウザによる利用を禁止

ページトップへ